So-net無料ブログ作成

レディ・プレイヤー1 [映画]

share3.jpg.jpg


あらすじ: 貧富の格差が激化し、多くの人々が荒廃した街に暮らす2045年。世界中の人々がアクセスするVRの世界「オアシス」に入り、理想の人生を楽しむことが若者たちの唯一の希望だった。そんなある日、オアシスの開発によって巨万の富を築いたジェームズ・ハリデーが死去し、オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、莫大な遺産とオアシスの運営権を明け渡すというメッセージが発信される。それ以降、世界中の人々が謎解きに躍起になり、17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していた。そしてある時、謎めいた美女アルテミスと出会ったウェイドは、1つ目の謎を解き明かすことに成功。一躍オアシスの有名人となるが、ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が迫り……。


えー、映画は観に行ってるんですよまあまあ。
観に行ったけどまだ感想が書けてない映画がたくさん有ってね。
ブラックパンサーとかレッドスパローとかトレインミッションとかパシフィック・リムとか。

でも昨日コレを見てもう書かないと!と思い。

100点!100点満点な映画なのでした。

いつも映画はオリジナル音声、すなわち字幕で見るんだけど、3Dは吹替オンリー。
多分字幕が結構飛び出して邪魔になったりするから、辞めたんだろうね字幕3Dを。

で、吹替3Dで見たんだけど、良かった!
最初に仮想現実世界のオアシスってのにグーッと入っていくシーンから始まるんだけど、3Dだとそこで自分もちょっとその世界に入って行ってるようで楽しかった。

ここからがキモなんだけど、舞台は2400年とかなのに、出てくるのは80年代のポップカルチャーばっか。
ヴァン・ヘイレンのジャンプで始まるのは予告編見て知ってたけど、途中で大好きなジョージ・マイケルのフェイスは流れるし、エンディングの曲なんてホール&オーツでっせ!最高。

冒頭に出てくる仮想空間内でのレースゲームではアキラのバイクが爆走!
バトルシーンのクライマックス部分では、ガンダムとメカゴジラが戦い、最後は悪いヤツのアバターに昇竜拳とサマーソルトキックが炸裂!

他にも数え切れないくらい80年代のアイコンが出てきて、この映画は、自分と同世代(45から55歳位)に是非観に行って欲しい。
その方が絶対楽しめますから。





どうしてもゴール出来ないレースゲームをあるヒントからクリアするんだけど、そのゴールシーンにもう感動。
「ああ最近ゲームやらなくなったなあ放ったらかしにしてるスイッチのゼルダとマリオやろうっと」と思ったりして。


そりゃ、映画見終わった後「クリア後にアレだけの財産を相続したらオレだったら絶対働かず(ゲームの運営なんかせず)、南の島でのんびりするな」とか、「彼女と仲良くなってハッピーエンドみたいな感じだけど、億万長者で顔が割れてる17歳なら、可愛い子がジャンジャン来たらどうするんだろう」とかは思った。

それとアレだけドローンが飛んでてすぐに顔認識とか車両の特定とかされるならその対策(例えばマスクをかぶって顔を変えるとか車もラッピングして見つかりにくくするとか)も進んでるだろそりゃ、と思ったりしたのでした。

現実世界が辛くてつまんないから、仮想空間へ逃げるってのはマトリックスと同じだよね。
アプローチは全然違うけど。


とりあえず初見だけだと画面の中の情報が全然拾いきれてないので、もう1回観に行ってきます。

しかしスピルバーグ、広げた風呂敷のたたみ方は見事だった。
楽しかったなあ。
アッと言う間の140分でした。

100点
※80年代に青春を過ごして良かったよ(涙

nice!(2)  コメント(3) 

シェイプ・オブ・ウォーター!! [映画]

シェイプ・オブ・ウォーター


a5cefd9a71472432.jpg

あらすじ:1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る。

えーとですね、以前にも書いた事が有るんだけど、自分の映画のベスト3は、多感な時期に見た3本にもう不動で決まってると。

ファントム・オブ・パラダイスとサボテンブラザーズとダークマンなんだけどね。


で、このシェイプ・オブ・ウォーター。
ギレルモが私財を投げ打って作ったこの映画。
凄いんですホント。

映画に一切無駄がなく、でも叙情的でさ、ロマンチックでサスペンスフルでもうタマランのです。

普段からオナニーばっかりしてる聾唖者が、言葉の要らないモンスター(カッパ?)に出会い、お互いに惹かれていくという。

まあまあ血もいっぱい出るグロ描写も有る(指が腐っていく描写最高!)し、おっぱいもいっぱい出てくるし、もう最高な映画なのです!
ローレン・リー・スミス最高!

個人的には、、、生涯ベスト2かなあ。
不動のランキングだったんだけども。

普段映画館に行かない方にもオススメです。
是非どうぞ。

100点


nice!(2)  コメント(0) 

悪女 [映画]

悪女

7c80d4a57b75a995.jpg

あらすじ:犯罪組織の殺し屋として育てられたスクヒは、いつしか育ての親ジュンサンに恋心を抱き、やがて2人は結婚するが、ジュンサンが敵対組織に殺害される。怒りにかられたスクヒは復讐を果たすが、国家組織に拘束されてしまい、国家の下すミッションを10年間こなせば自由の身になるという条件をのみ、国家直属の暗殺者として第2の人生を歩み始める。やがて、新たな運命の男性と出会い、幸せを誓ったスクヒだったが、結婚式当日に新たなミッションが下され……。

自分は基本映画ラブなので、つまらない映画見ても、「まあ、色々大変だったんだろうなウン」とか思ったりもするけど、たまに作りが荒いと言うか下手くそというか、ただ下手くそなんじゃなく、「コレくらいでいいだろ面白いアクションシーン一杯有るんだし」みたいな観客を馬鹿にしてるような映画が有るんですな。
で、この映画がまさにそうでした。

映画は長回し(に見える)シーンで始まり、姉ちゃん一人で、拳銃でヤクザ連中を撃ち殺す。
鉄砲を無くしてからも、1人でヤクザ連中を殺しまくる。
何十人もだよ。

さんざん殺されてるのに戦ってる間、周りのヤクザは自分の番を待って、ひとりずつ行って殺されるんですな。

その最初のシーンで、フィクションレベルがガタッと下がってるから、後は何しても「ふーん」てな感じ。

バイクで走り合いながら日本刀で切り合うって、バイクは片手離したら走れないんだよ。
減速したら加速できないんだから。

自分が好きになった男と同じタトゥーを入れて、その後顔を変えて政府公認の殺し屋になったりするんだけど、そのタトゥーの伏線は回収ゼロ。

色々有って好きになった男と我が子が殺されるんだけど、子供が殺される意味もゼロ。

非情な殺し屋のハズが、最後は自分が持ってる拳銃を投げ捨て、ナイフでタイマンを挑むという訳の分からなさ。

シーンも行ったり来たりの入れ子構造になってて分かりにくいし、敵が拳銃を持ってるのに、都合の悪いシーンになるとナイフだけで襲ってきたり。

映画としての体をなして無いというか、とにかく作りが荒い。
出来が悪くて腹が立ってくるというか。

わざわざ難波まで見に行って、こういう映画を見ると、ホントにガッカリしますな。

20点


nice!(2)  コメント(0) 

映画色々見ましたが [映画]

映画はバンバン行ってます。

去年に見たのなんか全然ブログに上げてませんが、もう今年に入ってだいぶ立つので、去年のは無しの方向で。
何十本と有るから、今更書けない・・・。

そして手抜きでまとめて行くのでありました。


キングスマン ゴールデンサークル


km_poster1016.jpg

映画見る前に、予告編とかを見たりするじゃない?
その時に「ああ、この映画はイギリスの基地がやられて、アメリカに助けを求めてチャニング・テイタムが大活躍するんだな」と思ってみてたら、チャニング・テイタムは早々に本編から退場。
全然出てこない。
ボスキャラのジュリアン・ムーアも何だかハッキリしないというか、悪役のエッジが効いてない。

面白い続編を作るってのは難しいんですな。
どんな映画だったかもうあんまり覚えてません。

そんな映画です。

60点


スリービルボード


movie197-2.jpg

コレはねえ、いい映画だった、けれども(以下ネタバレ、つーかバレなしじゃ書くことが無い)。

最初は意地悪だった警察署の署長(ウディ・ハレルソン)が死んでから、映画がググッと動き出すんだけど、動き出すのが遅い!
(最初誰かと思ったらサム・ロックウェルだった)ムチャクチャしてクビになる警察官も、辞めてから職務に目覚めるし、やっと犯人見つかった!と思ったら勘違いで、でも「そいつを殺っちゃおうか」とフランシス・マクドーマンドとサム・ロックウェルが車に乗って映画は終了。

えーと、もう自分も勧善懲悪のハリウッド映画とかは見たくねーですよ。
ただ、少しはカタルシスが欲しいですがな。

しかし、犯人見つけてズドーン!ってラストでも文句は言うんだろうな。

惜しい映画。

しかしサム・ロックウェル。
年取ってもカッコイイ。
49歳って、自分とあんまり変わんないんだなあ。

70点




ダークタワー


171297_01.jpg

キング原作の映画なんて今更期待してないし(ちなみにキング原作映画のマイベストはランゴリアーズですが)、とりあえずノリで観に行ったのでした。

幾つか平行世界が有るんだけど、マシュー・マコノヒー演じる悪魔のような男が現実世界に降りてきて、バンバン人を殺すシーンはメチャ面白い。
それ以外のシーンはどうでもいいというか、ホンワカ描写で眠くなる。

だから最後にマシュー・マコノヒーがガンスリンガーに撃たれて死ぬシーンは「嘘だろ?まだ死んでないよな!」と思ってしまったのでした。

内容的にはねえ、毒にも薬にもならないハリウッド映画でした。
続編はいらねえなあ。

50点
マシュー・マコノヒーは90点



スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット


moriguchikohashin-img900x1200-1517877066290bf68368.jpg

もう限りなく自分のオールタイムベストなスターシップ・トゥルーパーズ。
オールタイムベストはファントム・オブ・パラダイスだけども。

VHS、LD、DVD、ブルーレイと全部持ってます。
どうしようもなかった2,ラストにパワードスーツが出てきてまあまあ良かった3。
そしてフルCGアニメになった4の続編になりますが。

今回のレッドプラネット。
既視感が半端なく、それはやっぱ前作と作りというか雰囲気が似てるからなんですな。

今回は歩兵もガチガチのフルアーマーで結構ハイテク装備だったりするんだけど、それでもバグに真っ二つにされたりするのは一緒。

しかし火星にバグが大量発生。
だから火星をコアから爆破するって、それこそ中性子爆弾かなんかで、と思ったけど、どっちみち人は住めなくなるな。

まあ、色々思ったことも有るけど、自分はスターシップ・トゥルーパーズ自体が好きなので、こうして新作を劇場公開してくれたら、ジョニー・リコが見れたら、もう文句ないですけどね。

ただレーティングのせいなのか、グロ描写が少なかったなあ。
そこだけが残念です。

80点
普通の人が見たら60点くらいですがナニか?

今後は溜めずに映画見に行ったらすぐに感想アップしますんで!


nice!(0)  コメント(0) 

スター・ウォーズ/最後のジェダイ [映画]

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

2551facfdd96414e.jpg


あらすじ:いにフォ ースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーを継ごうとするカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの出現は何をもたらすのか?そして、“光”と“闇”の間で揺れ動く二人を待ち受ける“衝撃の運命”とは?


スターウォーズにはあんまり思い入れは無し。
旧3部作はリアルタイムで見たけれど(最初のなんて、おかんに連れて行ってもらった記憶あり)、その後は劇場に観に行ったかどうかも覚えてないし。

ただ前作「フォースの覚醒」が面白かったので、今回も見に行ったんだけど。

ヒドい、ホントに酷い。
コレってディズニー制作のメガムービーとしても、相当イケてない。
作りが雑というか、脚本が悪いんだなコレ。
脚本だけじゃないけれども。

ものすごく遠回りのタスクを設定させて、それをダラダラと長時間やるんだけど、それが結局全部無駄になると言うか、何というか。

「アレを何とかするためにはあそこに忍び込んで電源を落とさないとイケないけどセキュリティが有るから忍び込めないのでそのセキュリティを何とかするハッカーが必要だけどハッカーはあそこに居るから探しに来たけどいないなあどこ?」とかそんな感じ。

そしてそれが結局全部無駄になったら「オレは今までの1時間、一体何を見せられてたんだよ」ってなるでしょそりゃ。

全部がそんな感じの映画だった。
コレって猛烈なスターウォーズファンは怒るんじゃないですかね<他人事

自分は思い入れ無いから何とも思いませんが。

話は酷いけど、画面は派手なので、観てる間は楽しめます。
観た後色々考えて腹立ってくる映画ですなコレは。

60点

次はまたJJが撮るみたいなので、それは見に行きますけども。
nice!(2)  コメント(0) 

しばらく映画ネタが続くんだよ [映画]

映画見てもブログにUpせずにほったらかしにしてたんでね。
スマソ。


cc0536006fec47d7.jpg

あらすじ:魔法の三味線と折り紙を操る片目の少年クボは、体の弱い母と2人で静かに暮らしていた。不吉な子どもとして一族から命をねらわれていたクボは、ある時、邪悪な伯母たちに見つかってしまうが、母親が最後の力を振り絞って放った魔法によって助けられる。たった1人残されたクボは、母の力によって命を吹き込まれたサルとともに、母が最後に言い残した「3つの武具」を探し、自身の出自の秘密に迫る旅に出る。旅の途中で記憶を失ったクワガタの侍も仲間に加わり、一行は数々の困難を乗り越えて武具を見つけていくが…


ずっと見たかったんだけど、時間が合わず、でもホントにもう公開が終わりそうになったので、1日1回のみ朝10時スタートのを観に行ったのでした。


いやあ、良かった感動。<って書くと安っぽいなコレw

汚れきった自分が洗われていくと言うか、それぐらいストップモーションアニメってのはCGと違って、一コマ一コマ手間ひまかけてやってるから、その思いが画面に出るんだよね。

さっきググったら、1週間で3秒しか出来ないと書いてあったな。



そんなのを1200円で見ていいんだろうか、とちょっと申し訳なくなる。

いきなりこの映画見たら「なんで折り紙がそんなに動き出すの?」とか「苦労して集めた刀とか鎧とか兜とか、結局関係ないよな」とか「どういう経緯でサルとクワガタにされたんだ?殺されずに」とか思うけど、そんなのは目の前に現れる圧倒的な画の力と音楽に圧倒されて「まあ、そういう世界なんだよなうん」と納得してノー問題。

こんなスゴイ手間隙かかる映画のテーマを日本にしてくれてありがとう日本人は全員見なくちゃな見ろよな、とか思ったのでした。
ちなアリオ八尾で見た、この映画。
見てたのは自分を入れて4人だった・・・、一日一回なのに・・・(涙。

ただひとつだけ。
ストップモーションアニメも行くとこまで行くと、この映画みたいにメチャ滑らかになる。
見てるウチに違和感が無くなってくるんだよね。
それって、結局1周回ってCGと大差ないんじゃあ、と思ったりして。

でも、それはこの映画がスゴイってことの裏返しな訳で。

今回は日本語吹き替え版しか無かったのでそれを見たけど、シャーリーズ・セロンとかマシュー・マコノヒーが声を当ててる、字幕版も見たいんだけども。

オススメです。
見られる人は是非。

90点
nice!(2)  コメント(0) 

エイリアン コヴェナント [映画]

映画を山ほど観に行って、それのUpをしないと。
なので、とりあえずこの少し前に映画館で色々買った「エイリアン コヴェナント」をば。


2f86693dd13db465.jpg

あらすじ:滅びゆく地球から脱出し、人類移住計画を託された宇宙船コヴェナント号には、カップルで構成された乗組員が搭乗していた。やがて人類の新たな楽園となるであろう未知の惑星にたどり着いたコヴェナント号だったが、そこには想像を絶する脅威が存在していた。その恐怖を目の当たりにした乗組員たちは、命からがら星からの脱出を試みるのだが……


色々感想は見聞きするけれど、そんなのは些末なことでさ。
自分的にベストなエイリアンは「エイリアン4」で、その時点でマイノリティって感じもするし。
普通はだいたい1か2と言うもんね。

今回はあんまり乗れなかった前作「プロメテウス」の続きだったので、それほど期待せずに鑑賞。
そして、そのままの感じで終わった映画だった。

もうキャメロンの2作目でウジャウジャ出てきたエイリアンを単体で出しても、誰も怖がらないというか、エイリアンというアイコンはもう役目を終えたんじゃないのかなあ。
ゆっくりしか動けないゾンビみたいな感じで。
今のゾンビは猛烈に走るし。

エイリアンが出てきても、そこで撃ったりしたらなんでも溶かす血液でそこら辺がダメになるから、結局何とかして外(宇宙空間)に放り出すしか無いので、そこに行くまでのドラマツルギーに限界が有るというか。
シガニー・ウィーバーとタイマン張った1のラストとかを超えるのは、もう無理なんでしょうね。
それをリドリー・スコットもわかってるから、前作にはエイリアンを出さなかったけど、ヒットしなかったので、今回はちょっと出してみました、みたいな。

エイリアンというキャラクターは大好きだけど、どうなんでしょうかね。
寂しい気持ちになりました。

60点
エイリアン・ラブ度は100点
nice!(2)  コメント(0) 

エイリアーン・・・ [映画]

エイリアン コヴェナントを観に行ったんだけどさ(感想はまたまとめて書きます)、見終わった後、パンフでも買おうかなと映画館のショップを見に行ったらエイリアングッズがいっぱい有ってさ。

パンフはグッと我慢して、グッズをガッチリ買ってやったのでした。

DSC07623.jpg

DSC07624.jpg

DSC07625.jpg

このマグカップが一番良かったな。
今コレでコーヒー飲んでます。

DSC07626.jpg

ネックストラップ。
微妙に長い。

DSC07628.jpg

ポーチ。
エイリアンインサイドとか書いてあって

DSC07630.jpg

中にエイリアン居ました。
つーかこんなんに何入れんだろね。

DSC07631.jpg

映画見てグッズ買って飯食って、まあまあ出費したなあ。
映画の出来は・・・。

続く


nice!(0)  コメント(0) 

イップ・マン 継承 [映画]

ip-man3.jpg
 

イップマン 継承

あらすじ:妻や息子と静かな毎日を送ってきた彼は、都市開発を進める悪徳不動産業者が息子の通う小学校の土地を狙っているのを知る。強引に土地買収を行う不動産王とその手下から、小学校を守ろうとするイップ・マン。暴力も辞さない手下たちをけ散らしていく彼だったが、妻が病に倒れてしまう。愛する家族を守るべきか、自分たちが暮らす町のために戦うべきか、そのはざまで思い悩む彼は……。


スターウォーズにトリプルXといま世はドニー・イェンブーム。
自分的にドニーアニキの映画でイチバン好きなのは(イチバン面白いのは、じゃないよ)「かちこみ!ドラゴン・タイガー・ゲート」ですけども。
ショーン・ユーとニコラス・ツェーも最高。

このイップ・マンはドニーのアニキはもちろんなんだけど、 その相手と言うか適役がマックス・チャンですから!
ドラゴンマッハで、ウー・ジンとトニー・ジャーの2人を相手にして、全然負けてなかった(どっちかと言えば勝ってた)あのマックス・チャンとドニー・イェンが夢の対決!

C6X4LP6VMAE5hO0.jpg

マックス・チャン。
42歳でこの身体。
カコイイ!

若き日の李小龍が出てきたり、タイソンが出てきたり、見どころはタップリなんだけど、病気になった奥さんとの描写が多くて、自分的には、最後のドニー・イェンvsマックス・チャンがちと短かったかな。

でも、トリプルXのvsヴィン・ディーゼルみたいにお茶を濁したりせず、2人がガチンコで勝負して決着するのは良かった。

ガンガン前に行くマックス・チャンとそれを捌いてカウンターを入れるドニーアニキ。
どっちもカッコ良かった。

ホントにオススメです。
出来ればドラゴンマッハ見てからこの映画を是非。

95点

哭声/コクソン [映画]

20170313105530.jpg


哭声/コクソン

あらすじ:警察官ジョング(クァク・ドウォン)が妻と娘と暮らす平和な村に正体不明のよそ者(國村隼)が住み着いて以来、住人たちは彼のうわさをささやいていた。やがて、村で突然村人が自分の家族を手にかける事件が発生する。犯人には、濁った目と湿疹でただれた肌という共通点があり……。

映画を観に行くと「面白かった」とか「面白くなかった」とか、大体思いますよねそりゃ。

で、この「コクソン」って映画なんだけど、そんなもんじゃないんです。スゴかった。
ただただ凄かった。
面白いとか、面白くないとかじゃなく、「ああ、スゴい映画観たな」って感じで、もう超越しちゃってるんですな、この映画。

どんなジャンルにも属さない、観たこと無い映画で、観てる間もビックリして「この後どうなるんだろ?あーそういうことかアレ?何じゃそりゃー!」って映画だったなあ。

何書いてもネタバレになるので、何も書けない・・・orz

映画的にはサスペンスになるのかなあ。
サスペンス、ミステリー、アクション、オカルト、ギャグ、SF、全部だな。

とにかく國村隼がカッコよかった。
韓国映画で一言も韓国語を話さず、日本語だけで芝居してるのも良かった。

やっぱナ・ホンジンは天才ですな。
だって撮った映画は3本だけ。
「チェイサー」と「哀しき獣」とこの「コクソン」って、全部100点の傑作だもんな。
これからもバンバン面白い映画作って欲しいですな。

自分は映画見てる間「おいコレ凄い映画なんじゃないのもしかして」とドキドキして見てたんだけど、一緒に見に行った配偶者は「イマイチやったな。今から飲みに行こか」と言ったのでした。

99点(自分的には満点)