So-net無料ブログ作成
検索選択

この世界の片隅に [映画]

konosekai-titleimg.jpg

この世界の片隅に
あらすじ:昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが……。

・「のん」こと能年玲奈が事務所を辞めて干されてる(能年玲奈は本名なのに、所属してた事務所から『名乗っちゃダメ』と言われてる)
・この映画を作るのに資金が足りず、クラウドファンディングで資金を集めた

ってのを見聞きして、もう、1映画ファンとして「コレは観なきゃな」と行ってきました。

でも、今更この映画に色々言う事とか無い。
もう主役を演じた「のん」が素晴らしすぎて。

よく出来た映画だったけど、その動いてるアニメよりも、その声が頭に残ってるというか。
ホントに映画館で見てよかったな、と。

泣いた、メチャクチャ泣いたなあ。

後はエンドロールに結構長いこと流れる、クラウドファンディングした人たちの名前。
「ああ、この人達が資金をなんとかしなかったら、この映画出来なかったんだな」と胸が熱くなったのと、NHKの朝の連ドラで主役張った女優も干される、日本の芸能界というか、マスゴミって怖いな、と思ったのでした。

のん、頑張って!

95点

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ドラゴン×マッハ! [映画]

o1300181213844051484.jpg

ドラゴン×マッハ!
あらすじ:香港で闇の臓器売買ビジネスを展開するホン・マンコンを逮捕するため、任務を遂行していた潜入捜査官チーキットは、その正体がばれ、タイの刑務所に監禁されてしまう。しかし、その刑務所こそが臓器売買の拠点だった。チーキットに執拗に暴行を加える刑務所所長コーの非道な行為を前に、所長に臓器移植が必要な娘の入院費を工面してもらっている看守のチャイは、見てみぬ振りするしか術がなかった。しかし、チャイはある事実を知り、チーキットを助けることを決意する。

この映画と「この世界の片隅に」を同じ日に観に行くって・・・。
どっちも泣いたけど。

映画は名作「SPL/狼よ静かに死ね」の続編って事になってるけど、話自体は全然繋がってません。
しかし、あの映画からもう10年経つのか。
SPLでドニー・イェンにド突かれまくって殺されたウー・ジンが今度はド突きまくって殺す方に変わった。
時代だね。

結構スゴイアクション映画なんだけど、トニー・ジャーの病気の娘の存在が結構ウエットで、アクションに特化して欲しい自分には邪魔だったな。

しかし白眉は、この2人(トニー・ジャーとウー・ジン)を相手にして全然負けてない、キレッキレのアクションを見せるマックス・チャンがカッコ良すぎた。


C2mNHfjUsAA0ACx.jpg

ドニー・イェンアニキの「イップマン 継承」にも出るみたいなので楽しみですな。

アクション映画は動きを魅せるのがメインになるので、どうしても脚本がねえ。
でも、ウー・ジンが捕まって殺されそうになる辺り、ちょっと韓国映画チックで良かった。

75点(マックス・チャンの蹴り100点)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画