So-net無料ブログ作成

映画の話 [映画]

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ


20160502002139.jpg

あらすじ:政府が無許可でのヒーローの活動を禁じる法を施行。市民を危険に晒した過去に自責の念をもつアイアンマンは従うが、キャプテン・アメリカは「自分の行動は自分で責任を持つべき」という矜持から反対。意見のすれ違いは対立を生み、二人の友情と信頼は望まぬ戦いの火蓋となる

マーベル作品はほぼ見てるけど、今まで見た中でのベストは「アイアンマン1」と「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」の2本なのです。

シリアスなウィンター・ソルジャーと違って、スパイダーマンとかアントマンとかが出てくるというし、「どっちかっつーとアベンジャーズみたいなお祭りな感じかな」と思ってたらその通りだった。

「絶対的な正義は存在する。それはオレが決める」って言うキャプテン・アメリカと「正義なんて立場で変わるんだから多数決で決めよう、決めてもらおう」って言うアイアンマン・トニー・スタークとの戦い。

なんだけど、いやいや、個人の争いになる前に、シールズvsハイドラ(ヒドラ)とか有ったんじゃないの?
シールズも何人かの政治家(と言うか謎のVIP)がニック・フューリーに命令とかしてたやん。

トニースタークも1人のおばはんに「あんたらが呑気に人助けしてる時に巻き込まれて死んだ私の息子を返して!」とか言われて口ごもってたけど、マイノリティのくせにデカイ声で文句を言うノイジーマイノリティーなんか放っとけばいいだろそんなもん。

そんなだからなんでもすぐ自粛して、馬鹿がのさばる住みにくい社会になるんだろうが。

と映画を見てて思ったのでした。

逆にキャプテン・アメリカは「オレはオレが正しいと思ったことをやる。お前ら文句とか勝手に言ってろ!」ってな感じでメチャクチャカッコ良かった。

というわけで、映画も「キャップ!アイアンマンなんていてこましたれ!」とちょっと興奮して見られたのでそれは楽しかった。

ただ共通の敵とか居ないから、映画は何となくうやむやに終わる感じ。
映画的なカタルシスはほぼありませんがナニか?

しかし今回のトニースタークはカッコ悪かったし頭が悪かった。
それについていった他のキャラ(ブラック・ウィドウとか)もバカに見えたのが残念。

付和雷同はイカン。
自分の信念は曲げずにナルシストになろう!

78点

レヴェナントの感想とか [映画]

書くことはいっぱいある。

書く時間も有る。

書く情熱だけがないorz。


映画を見ました。

天王寺アポロシネマfで1100円で見るか、アリオ八尾シネマで1200円で見るか。

安いからもっと見たいけど、見たい映画が無いね。
邦画とかやばそうなのばっかだし。


レヴェナント: 蘇えりし者

29053490.jpg

あらすじ:アメリカ西部の原野、ハンターのヒュー・グラス(レオナルド・ディカプリオ)は狩猟の最中に熊の襲撃を受けて瀕死の重傷を負うが、同行していた仲間のジョン・フィッツジェラルド(トム・ハーディ)に置き去りにされてしまう。かろうじて死のふちから生還したグラスは、自分を見捨てたフィッツジェラルドにリベンジを果たすべく、大自然の猛威に立ち向かいながらおよそ300キロに及ぶ過酷な道のりを突き進んでいく。


初めてディカプリをを見たのは、ギルバート・グレイプだったな。
ディカプリオは知的障害の弟役をやってたんだけど、その時に「こいつはホントにこんな奴なの?」と思うくらい演技が凄かった。
その後見たボーイズライフでそうじゃないのが分かったんだけど。
ジュリエット・ルイスもキレイだったなあ。
あの頃20歳ぐらいだもんな。




で、レヴェナント。

映画自体は観念的な部分も有って、エンターテイメントとしてはどうかなって部分は有るし、せっかくディカプーとトム・ハーディーが出てtるのに、どっちも汚い毛むくじゃらのヒゲ面だから、どっちがどっちが解んなくなったりするし。

でも、この映画はそんなのはどうでも良くてね、ディカプーvsクマ。
もうこのシーンが凄すぎて、他のシーンをあんまり覚えてねーんです!

熊との格闘シーンは10分位有ったか、多分熊はCGなのでCGの極限と言うか、究極が見れます。
このシーンだけで5億点上げてもいいと思ったのでした。

ただ個人的には、ウルフ・オブ・ウォールストリートのディカプリオと、マッド・マックスのトム・ハーディーの戦いが見たかったけどね。

82点


諸行無常 [世の中と格闘、物欲と格闘、人生と格闘]

某月某日(GW中)

いつもいつもお世話になってるMッチー先生と、F西さん(社長夫人)、ゴルフが上手いN谷社長と3人でゴルフ。
ココに1人だけ紛れ込むサラリーマンって、、、orz

※ゴルフの内容は一切出てきませんがナニか?

その時の会話

ボク「この前用事が有ってアウディに行ったんですけど、今の車の下取りとかローンの残債とか引っくるめ『TTを498万円でどうでしょう』と言われまたよ」

Mッチー先生「で、買うたんか?」

ボク「いや、悩みましたけど、ACCが付いてないって言うんで」
※ACC→アダプティブクルーズコントロールのことです

Mッチー「そんなもんスポーツカーに付いてるか!500万なんて100万くらい頭金入れて残価設定にしたら楽々買えるやろ」

ボク「楽々って、そんなに楽々でも無いですよ」

Mッチー「そういえばN谷さん、車納車した?」

N谷社長「昨日納車しました」

ボク「納車って、ナニ買ったんですか?」

N谷社長「ポルシェ」

ボク「ポルシェ!?カイエン?928?ナニ?ナンボで?」

N谷社長「911。1500万で」

ボク「1500万・・・絶句」

いくら泣けなしのお金でアウディ買ったって、こういう人も要るんだもんな。
車とか適当に走れば何だっていいよな、と思ったのでした。

頑張って今の車10年乗ろうっと。

P_20160502_122210.jpg

もらったポルシェウォーター。

大事にしようと思ってたけど、この前ジョギングの後飲みました。
普通の水だったな。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。